家庭内のタスクをRedmineとSlackを連携させて管理するようにしたらうまくいった話

-shared-img-thumb-YUUKI150321200I9A4368_TP_V

先日無事入籍を終え、結婚式に向けてあれこれ準備が必要になるということで、友人の何人かがやっていたように家庭内でRedmineを導入した。「結婚式準備」プロジェクトを立ち上げて暫く運用していて 最近ようやく運用が落ち着いてきたため、今度は少し欲が出てきた。
現状、チケットが更新されるタイミング・何のチケットが更新されたか等タイムラインでしか把握できない状態になっているので、Slackを使って チケットが更新されたらリアルタイムに通知が飛ぶようにした。最近一部の界隈では家庭内でこういうツールを導入するのもよくある流れになってきたのかなあとは思う(ねーよ)ので、流行に便乗してみようといった所だ。導入・設定に苦戦するかなあと思ったら、元々Redmineが入っている状態から15分くらいで意外とサクッと導入できた

これまで

家庭内でRedmineを導入したのはおよそ一ヶ月前のことだ。使い方としては、以下のような感じでチケット毎にタスクの進捗状況などを書き込んだりして使用していた。
暫く回してみた感じ、中々良い感じに管理できているなという手ごたえがあった。

redmine_3

そこに今回、より利便性を高めるためSlackを導入しようという算段である。
導入に際し、今後何かとライフイベントが発生する可能性を考慮して、「結婚式準備」「引越し」等プロジェクトごとにチャットルームを作成し それぞれに通知が飛ぶようにした。

結果

以下のような感じでRedmine側で更新をかけると・・・

redmine_1

以下のようにリアルタイムで通知が飛ぶ。デスクトップ上にNotificationも飛んでくれるので便利ですね。

redmine_2

まとめ

大人になると色々と比較的大きめの取り決め事を並行して消化していかないといけない事が多くなってくるので、こういう風に家庭の事も管理しておくと「あーこれも準備しておかなきゃいけなかったー」みたいな抜け漏れも防ぐことができ、且つ計画的・効率的にタスクをこなしていくことができて結構良いのではないかと思った。

参考にさせていただいたサイト様

● Redmineの変更をSlackで通知できるようにする
SlackとRedmineを連携し、登録したチケットの更新を通知する方法 – LIG INC.

● Redmine上の複数プロジェクトをSlackのチャットルームごとに通知
SlackにRedmineのチケット更新を通知する – ZEALOTエンジニアブログ

Written by Nisei Kimura ( 木村 仁星 )

- Sponsored Links -

Top

>>